福岡リバティ法律事務所が選ばれるの理由

  • 年間200件以上の
    県内有数の相談実績

    当事務所は、離婚・男女トラブルの問題に注力して事務所を運営して参りました。年間200件以上の福岡県内有数の離婚相談実績があります。

    詳しくはこちら
  • 強力な離婚問題解決チーム

    当事務所では離婚問題にまつわる各種専門家との強力な連携体制を構築しており、クライアント(相談者様,依頼者様)にとって最善の解決を目指しています。

    詳しくはこちら
  • 問題のスピード解決を実現

    当事務所では可能な限り通常弁護士はあまり関与しない協議段階から積極的に離婚問題に関与し、問題の早期解決に取り組んでいます。

    詳しくはこちら
  • ホワイトボードやパソコンを
    使った分かりやすい解説

    当事務所ではよりクライアントに分かりやすく解説をさせて頂くためにホワイトボードやツールを用い、クライアントのご理解の状況に合わせて解説をさせて頂くようにしています。

    詳しくはこちら
  • キッズスペース完備

    当事務所では離婚問題でお悩みになられている、お子様連れのクライアントが早期段階から安心してご相談にお越し頂けるように、キッズスペースをご用意しております。

    詳しくはこちら
  • アクセスしやすい
    西鉄春日原駅前の好立地

    当事務所では依頼者様にとって、よりアクセスがしやすい場所でご相談ができるように、春日市の中心部である、西鉄春日原駅前に事務所を構えております。

    詳しくはこちら

離婚問題解決の6のポイント

福岡リバティ法律事務所の解決事例を一部紹介

協議離婚によって慰謝料600万円、養育費5万円/月で解決した30代女性の事例

相談者:妻 / 年齢:30代 / 離婚の種類:協議離婚 / 争点:養育費、慰謝料 / 解決までの期間:約1年

Aさんは医療関係者のご主人の浮気により、離婚をしたいと当事務所にご相談がありました。夫は離婚をしたくないと言っていましたが、Aさんは慰謝料を取って離婚をしたいというご相談でした。当事務所にご相談いただいた後、内容証明郵便を送って慰謝料請求を行いました。その後、代理人が夫側についたため、夫側代理人との交渉を行いました。

詳しくはこちら

慰謝料と解決金の300万円で離婚調停を成立させることができた事例

相談者:妻 / 年齢:40代 / 離婚の種類:調停離婚 / 争点:婚姻費用、慰謝料、年金分割 / 解決までの期間:9ヶ月

Bさんは夫との間で家庭内別居の状態が続いていましたが、当事務所にご相談頂いた後に実質的な別居を開始されることになりました。
当事務所では、婚姻費用の請求と合わせて慰謝料150万円、ならびに、年金分割を求めて調停の申し立てをしました。調停の結果、慰謝料としては150万円、さらに財産分与を合わせて300万円の支払いを受けることで、離婚を成立させることができました。

詳しくはこちら

財産分与の受取総額を約8倍に引き上げることに成功した事例

相談者:妻 / 年齢:50代 / 離婚の種類:調停離婚 / 争点:財産分与 / 解決までの期間:1年6か月

財産分与の取決めをしないまま離婚届を役所に提出してしまったけれども、今からでも元夫に対してきちんと財産分与の請求をしたいということでご相談がありました。
元夫が不動産を多く保有していたため、離婚問題と不動産問題に詳しい弁護士をお探しになられており、当事務所にご依頼がありました。

詳しくはこちら

お客様からのメッセージをご紹介させて頂きます

メディア記事

  • 当事務所の代表弁護士北島武典がRKKラジオの「企業ドクター 吉永会計の経営クリニック」にゲストとして出演いたしました。

代表挨拶

弁護士法人福岡リバティ法律事務所の代表弁護士の北島武典と申します。
この度は,当事務所ホームページを閲覧していただき,ありがとうございます。

簡単に私の自己紹介を致しますと,福岡県田川郡添田町で出生後,父の転勤により大野城市(大野小学校)に移り,その後,福岡県小郡市において学生生活を過ごしました。大学卒業後は国家公務員(裁判所職員)となり,福岡市及び沖縄県那覇市で勤務した後,弁護士資格を取得し,平成20年から熊本市で弁護士活動を開始し,令和元年7月1日春日市で弁護士法人福岡リバティ法律事務所を開設し,現在に至っております。
趣味は,学生時代に楽器(トランペット)を吹いていたため,クラシック音楽鑑賞と,最近は将棋(観る将)に関心があります。スポーツは,小学校時代に剣道を少しと(大野中央少年),40歳後半に初めてフルマラソンを完走しました(熊本城マラソン。何とか4時間30分)。
以前は,よくストレス解消のためカラオケにも行っていましたが,最近は行けていません。
酒は,どちらかと言えば日本酒・ワインより焼酎派です(芋)が,飲む機会は減りました。

改めて,この春日,大野城地区に事務所を開設した理由ですが,まずは春日,大野城地区が自然豊かで歴史があり,交通の便がよく,大変住みやすい,魅力あふれる地域であるからですが,何より,私自身がこの春日,大野城地区で小学校時代を過ごし,春日,大野城という地域に育ててもらったことに恩返しをしたいと考えたからです。
今後も,これまで以上に誠実かつ真摯に業務を行い,微力ながら少しでも春日,大野城地域の方々に法的サービスを還元したいと考えております。
これからどうぞよろしくお願いいたします。