問題のスピード解決に向け協議離婚に注力

045.JPG  

弁護士が介入する離婚問題は、通常、調停離婚や裁判離婚が多いです。


しかし、調停や裁判は長期化する傾向にあり、離婚問題を早期解決することが難しいのが実情です。調停や裁判の場合、1ヶ月に1度ほどしか期日は入らないのです。

クライアントの人生を考えた場合、いかに早期に目の前の離婚問題から開放され、クライアントの新たな人生を歩んでいただけるようにサポートすることが重要であると当事務所は考えております。そこで、当事務所では可能な限り通常弁護士はあまり関与しない協議段階から積極的に離婚問題に関与し、問題の早期解決に取り組んでいます。

相手方との協議が適切な条件でスムーズに進みそうな場合には、公正証書の作成のサポート、相手方との協議が適切な条件にまとまりそうに無い場合は、当事務所の弁護士が代理人として、交渉代理のサポートをしておりますので、お気軽にご相談下さい。

「問題のスピード解決に向け協議離婚に注力」の関連記事はこちら

ImgTop2.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。