弁護士にはいつ相談すれば良いの?

よく、弁護士に相談をするタイミングが分からないというご相談を頂くことがございます。

 

弁護士には、どの段階からでもご依頼をすることは可能ですが、弁護士に依頼するには費用が発生します。

7369.jpg


そこで、当事務所では、ご相談を通じて把握した状況をに合わせて、個別に最適なサービスメニューをご提案させて頂いております。

例えば、既に夫と離婚についての合意はしているが、ちゃんとした条件を文章として残しておくことを考えられている方には、「離婚協議書作成」のサポートサービスをお勧めさせて頂いております。

また、夫と離婚の合意はしているが夫が怖く、面と向かって話をしたくないという方には、協議段階から当事務所が代理人として対応するプランをご提案させて頂きます。

このように、ご相談を頂いた状況に合わせ、スムーズな離婚問題の解決に向けた最適なサポートプランをご提案させて頂きます。

注意が必要になるのは、『調停段階』の場合です。

調停段階は、一見すると、弁護士に依頼せずとも自分ひとりでなんとかできそうというご相談者の方もいらっしゃいます。

しかし、調停離婚を行った経験があるかたはほとんどおらず、調停委員が暗に示唆していることも十分に理解ができないという場合も多いのが実情です。

当事務所は、費用はかかりますが、スムーズな問題解決を目指すためにも、調停段階においてもきちんと弁護士に代理人の依頼をすることをお勧めします。

1日も早くすっきりとした明るい生活を取り戻すためにも、まずは熊本の弁護士北島武典にお気軽にご相談下さい。

ImgTop2.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。