離婚における住宅ローン問題

結婚生活において、夫婦で住宅ローンを組んで家を買うということは一般的です。しかし、住宅ローンをまだ抱えている状況で離婚をする場合もあります。

  7369.jpg

一般的には、住宅ローンが完済済みであれば離婚時の財産分与のためマイホームを売却することが多いですが、住宅ローンが残っている場合であれば、住宅に抵当権が設定されているため,金融機関の承諾なしに不動産を売却することができません。


かといって,住宅の処理に困り,住宅ローンの返済が滞ってしまいますと、通常抵当に入っている住宅は競売に出されることになります。

しかし、競売の場合はほとんどの場合において市場価格よりも非常に安い価格でしか売れないのが実情です。そこで、当事務所では離婚後の生活を守るために任意売却のサポートをさせて頂いております。

「離婚における住宅ローン問題」の関連記事はこちら

ImgTop2.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。