妻と内科を営む医者の夫の離婚事例

佐藤さん(仮名)は内科を営む医者の夫との間に子どもを1人設けて生活をされていました。


しかし、夫が不貞行為を行なっていたことが判明し、
佐藤さんは1人の子どもと一緒に別居をされていました。

0023.jpg

佐藤さんは、親権と慰謝料を200万円、1人の子どもの養育費として月額5万円の養育費を受け取ることを決め解決することができました。

なお、佐藤さんは財産分与を望まれていませんでしたが、望んでいた場合で相手側が医者などだった場合には、専門性の高い職業であることが考慮され、2分の1ルールは適応されないケースがあります。

個別の事案によって異なりますので、まずは専門家である弁護士にご相談下さい。
 

「解決事例」の関連記事はこちら

ImgTop2.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。