60代女性が離婚後1年を経て財産分与を希望し、1,000万円の財産分与を獲得した事例

相談者:女性
年齢:60代
お住まい:熊本市在住
離婚してからの期間:離婚後1年
解決までの期間:6ヶ月

Eさんは、離婚後1年を経過した時点で財産分与を希望されるようになり、当事務所にご相談にいらっしゃいました。Eさんは離婚された際、財産分与についてきちんとした話合いをされていなかったのですが、元夫の離婚後の子どもに対する態度などから、財産分与を要求したいと思われたようでした。

当事務所の弁護士が代理人となり、相手方弁護士との間で調停期日外に書面でのやり取りを重ねた結果、調停をスムーズに進めることができました。調停の結果、Eさんは財産分与1,000万円を取得することができました。

離婚が成立した際、財産分与について取り決めをせずに離婚をしてしまった方も、離婚後2年間であれば財産分与を請求することができます。離婚が既に成立してしまっている方についても、財産分与を請求することができる可能性がありますので、まずは弁護士にご相談することをお勧めします。

「解決事例」の関連記事はこちら

ImgTop2.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。