不倫相手から100万円の慰謝料を獲得した30代女性の事例

離婚の種類:慰謝料請求
争点:慰謝料
性別:女性
年齢:30代
お住まい:上益城郡
解決までの期間:約6ヶ月 
職業:会社員

相談の背景

Bさんはご主人の携帯メールを確認したところ不倫行為が発覚し別居されていました。当事務所には別居をして1週間後にご来所されました。

当事務所の対応

当事務所にご相談いただいた後、内容証明郵便を夫の不倫相手に送付いたしました。その後、不倫相手の女性が弁護士を立て、当該弁護士との交渉を開始しました。

結果

慰謝料額については、婚姻期間や不貞期間などを考慮したうえで100万円を請求し、協議にて解決をすることができました。今回のケースでは決定的な証拠としてメールを抑えられていたため、ご主人から素直に認めていただき、有利な交渉をすることができました。

所感

不倫相手が既婚の場合、不倫相手の配偶者からの慰謝料請求が発生することも想定されるので、まずは慰謝料請求の専門家である弁護士に相談することをお勧め致します。

「解決事例」の関連記事はこちら

ImgTop2.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。