長年にわたるモラハラから離婚を決意し、離婚調停によって離婚を成立させたEさんの事例

離婚の種類:離婚調停

争点:離婚、婚姻費用、財産分与、慰謝料、面会交流、年金分割
性別:30代
年齢:女性
お住まい:熊本市
解決までの期間: 相談後約1年4ヶ月で解決
婚姻期間:10年間
職業:医療関係者

相談の背景

Eさんは結婚当初から夫による暴言、モラハラ行為を受けていました。Eさんは、夫のモラハラ行為に長年耐えていましたが、別居し離婚をすることを決意され、当事務所にご相談にお越しになられました。

当事務所の対応

当事務所にご相談いただいた後、離婚調停の申し立てをするとともに、婚姻費用の請求を行いました。離婚についての調停を進める前に、婚姻費用の調停が成立しました。その後、離婚についての調停を行いました。

結果

夫は財産分与や慰謝料、養育費を払うのであれば離婚をしないという典型的なケースでしたが、当事務所の弁護士が介入することで、最終的には養育費2万5千円/月、解決金75万円とすることができました。

所感

相手方が離婚についても拒否している場合においても、財産分与や慰謝料を請求することは可能ですので、相手方の意思に屈する必要はありません。このようなケースでお悩みの場合にはまずは弁護士にご相談されることをお勧め致します。

「解決事例」の関連記事はこちら

ImgTop2.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。