不倫していた夫から多くの慰謝料を獲得した事例/モラハラ夫から多くの財産分与を獲得した事例

離婚の種類:離婚調停

争点:離婚、

性別:50代

年齢:女性

お住まい:宇城市

解決までの期間: 相談後約半年で解決

婚姻期間:20数年間

037.JPGのサムネール画像

相談の背景

ご依頼者(Cさん)の夫が不貞行為を行っている可能性があり、Cさんは不貞行為の調査をご自分でされていました。離婚についてきちんと話をしたいとご相談にいらっしゃいました。

当事務所の対応

当初内容証明通知を夫に送付したところ、返答がなかったため調停を起こしました。

結果

解決金として250万円をいただけることになりました。
Cさんは実家に帰られ、ご自宅は夫が住まわれていたため、Cさんは不動産を手放し、夫に住宅ローンの残額の支払いをお願いしました。

所感

夫に資力がないため、請求した解決金の額と夫が支払えると言っていた額に関して大きな開きがありました
しかし夫に粘り強く、女性関係に責任を持っていただくことをお伝えし、支払方法を検討するなどの当事務所での努力の結果、250万まで支払いを得ることができました。当初提示した慰謝料は半額程度まで減額されることも多いのですが、粘り強く交渉した結果多くの慰謝料をCさんが受け取ることができました。


モラハラ夫から多くの財産分与を獲得した事例

離婚の種類:離婚調停

争点:離婚、婚姻費用、モラルハラスメント    

性別:40代

年齢:女性

お住まい:熊本市

解決までの期間: 相談後約9か月で解決

婚姻期間:約17年間

053.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

相談の背景

ご依頼者(Dさん)の夫からDさんに対するモラハラやお子様に対するモラハラが疑われ、離婚を考えていらっしゃり、相談されました。また、夫から離婚調停を申し付けられ、Dさんが婚姻費用分担の調停を起こした事件でした。
夫は公務員で、退職金など相当額を今後得られると想定できる状態でもありました。

当事務所の対応

調停でDさんの代理人として対応しました。

結果

親権者はDさん側で、養育費は2名のお子様で月に12万円を22歳までお支払いしていただく形になりました。また財産分与としては1150万円を得ることができました。この金額には夫の退職金や自宅マンションの売却金などが含まれています。

所感

当初は財産分与額に関して開きがありましたが、法的に算定処理を行い、共有財産の2分の1相当額を得ることができました。公務員の場合は退職金が財産分与に含まれることが多く、今回退職金に関してもきちんと算定できたことがポイントでありました。他にも年金分割も0.5の割合とすることができました。

「解決事例」の関連記事はこちら

ImgTop2.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。