不倫をしていた男性の妻から慰謝料請求された事例/離婚危機の夫婦関係を修復させた事例

種類:慰謝料請求

争点:慰謝料請求された側

性別:40代    

年齢:女性

お住まい:菊池郡

解決までの期間: 相談後1ヶ月弱   

 064.JPGのサムネール画像のサムネール画像

相談の背景

ご依頼者であるAさんの元へ、不倫をしていた男性の妻の代理人から慰謝料請求300万円の内容証明郵便が届いてしまいました。Aさんはどういった返事をすれば良いかお悩みでした。

当事務所の対応

相手方代理人へ文章で対応しました。

結果

当初こちらが文章で提示した額(100万円)で合意でき、1か月以内にスピーディーに合意書を作成することができました。
Aさんは早期に解決することを要望されており、この要望に合わせてスピーディーに解決でき、また相手の感情を逆なですることなく、解決ができた事件でした。

所感

長期の不貞自体に争いがあったわけではなく、金額が争点となった事例でした。Aさんは不貞相手男性に求償することもできましたが、あえて求償しないことを交換条件にして、Aさんへの慰謝料請求額を低額に抑えることができました。


離婚危機の夫婦関係を修復させた事例

離婚の種類:婚姻費用

争点:離婚、婚姻費用

性別:40代

年齢:男性

お住まい:天草市

解決までの期間: 約半年     

047.JPGのサムネール画像のサムネール画像

相談の背景

ご依頼者であるBさんの奥様の代理人から、突然Bさんへ書面が届きました。Bさんの奥様は離婚を希望されており、併せて生活費等の請求の書面が届いてしまいました。

当事務所の対応

まずBさんの奥様が起こされた婚姻費用の分担調停にBさんの代理人として対応をいたしました。Bさんが積極的に離婚を望んでいなかったため、婚姻費用(生活費)の金額だけでなく、今後の夫婦関係の調整も行いました。
今後夫婦の関係や、子供について双方で十分に話し合って、円満な家庭を築くように提案をいたしました。

結果

調停が成立し、夫婦関係が修復することとなりました。

所感

そもそも夫婦関係が破綻している関係ではなかったため、夫婦関係が円満になれるような提案をいたしました。
直接的には婚姻費用についての話し合いをするための調停の場でありましたが、今後の夫婦生活にも関係しているため、夫婦生活の修復についての話もすることになりました。


「解決事例」の関連記事はこちら

ImgTop2.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。