不倫相手への慰謝料請求と示談書の作成で接触条項と違約金条項を追加して成立させた事例

相談者:妻
年齢:50代
お住まい:熊本市在住

Hさんは夫の不倫相手に対する慰謝料請求を求めて当事務所へお越しになられました。Hさんの場合、弁護士介入前から不倫相手との交渉を行っていましたが中々進展がなかったため、当事務所の弁護士代理人となり、改めて相手方と交渉をすることになりました。

代理人として交渉を進めた結果、示談書の作成と慰謝料獲得にこぎつけることができ、慰謝料300万円と接触条項に違反した場合の違約金条項として違反時には300万円の請求を行うという示談書の作成で解決することができました。

離婚請求をしない場合の不貞行為の問題解決においては、慰謝料請求に加えて不貞行為を継続させないように、このような条項を設定することもあります。同様のケースでお悩みの方は、まずは弁護士にご相談されることをお勧めします。

「解決事例」の関連記事はこちら

ImgTop2.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。